サイトアイコン

ブロックテーマでカスタム投稿タイプ をイチからつくってみた

WordPress技術ブログサムネイル

ブロックテーマでカスタム投稿タイプ をどう作るか、なかなか難問でした。

ブロックテーマなってから、カスタム投稿タイプの作り方、表示の仕方が整理できていませんでした。
ここで、今理解できている方法をまとめてみます。

現段階で間違っている情報もあるかも知れませんので、参考程度にとどめてください。

カスタムタクソノミーをfunctions.phpで作成する

まずは、カスタムタクソノミーをつくってみましょう。

// カスタムタクソノミーの登録
function create_custom_taxonomy() {
    $labels = array(
        'name'              => _x( 'Custom Taxonomies', 'taxonomy general name' ),
        'singular_name'     => _x( 'Custom Taxonomy', 'taxonomy singular name' ),
        'search_items'      => __( 'Search Custom Taxonomies' ),
        'all_items'         => __( 'All Custom Taxonomies' ),
        'parent_item'       => __( 'Parent Custom Taxonomy' ),
        'parent_item_colon' => __( 'Parent Custom Taxonomy:' ),
        'edit_item'         => __( 'Edit Custom Taxonomy' ),
        'update_item'       => __( 'Update Custom Taxonomy' ),
        'add_new_item'      => __( 'Add New Custom Taxonomy' ),
        'new_item_name'     => __( 'New Custom Taxonomy Name' ),
        'menu_name'         => __( 'Custom Taxonomy' ),
    );

    $args = array(
        'hierarchical'      => true, // trueであればカテゴリー型、falseであればタグ型
        'labels'            => $labels,
        'show_ui'           => true,
        'show_admin_column' => true,
        'query_var'         => true,
        'rewrite'           => array( 'slug' => 'custom-taxonomy' ), // パーマリンクのスラッグ
    );

    // カスタムタクソノミーの登録
    register_taxonomy( 'custom_taxonomy', array( 'post' ), $args );
}

// initフックでカスタムタクソノミーの登録関数を呼び出す
add_action( 'init', 'create_custom_taxonomy', 0 );

$labels = array内は、日本語に直すこともできます。

このままではブロックエディターに対応していないので、$args = arrayに以下のコードを追加し、ブロックエディター対応とします。

'show_in_rest' => true,

カスタム投稿タイプを作成し、カスタムタクソノミーを使えるようにする

つぎに、カスタム投稿タイプの中で、カスタムタクソノミーを使えるようにします。

// カスタム投稿タイプの登録
function create_custom_post_type() {
    // カスタム投稿タイプのラベル
    $labels = array(
        'name'               => __( 'Custom Post Types' ),
        'singular_name'      => __( 'Custom Post Type' ),
        'add_new'            => __( 'Add New' ),
        'add_new_item'       => __( 'Add New Custom Post Type' ),
        'edit_item'          => __( 'Edit Custom Post Type' ),
        'new_item'           => __( 'New Custom Post Type' ),
        'view_item'          => __( 'View Custom Post Type' ),
        'search_items'       => __( 'Search Custom Post Types' ),
        'not_found'          => __( 'No custom post types found' ),
        'not_found_in_trash' => __( 'No custom post types found in Trash' ),
        'parent_item_colon'  => __( 'Parent Custom Post Type:' ),
        'menu_name'          => __( 'Custom Post Types' ),
    );

    // カスタム投稿タイプの設定
    $args = array(
        'labels'             => $labels,
        'description'        => 'Description of Custom Post Type',
        'public'             => true,
        'publicly_queryable' => true,
        'show_ui'            => true,
        'show_in_menu'       => true,
        'query_var'          => true,
        'rewrite'            => array( 'slug' => 'custom-post-type' ), // パーマリンクのスラッグ
        'capability_type'    => 'post',
        'has_archive'        => true,
        'hierarchical'       => false,
        'menu_position'      => null,
        'supports'           => array( 'title', 'editor', 'author', 'thumbnail', 'excerpt', 'comments' ),
        'show_in_rest' => true,
    );

    // カスタム投稿タイプの登録
    register_post_type( 'custom_post_type', $args );


    $labels = array(
        'name'              => _x( 'Custom Taxonomies', 'taxonomy general name' ),
        'singular_name'     => _x( 'Custom Taxonomy', 'taxonomy singular name' ),
        'search_items'      => __( 'Search Custom Taxonomies' ),
        'all_items'         => __( 'All Custom Taxonomies' ),
        'parent_item'       => __( 'Parent Custom Taxonomy' ),
        'parent_item_colon' => __( 'Parent Custom Taxonomy:' ),
        'edit_item'         => __( 'Edit Custom Taxonomy' ),
        'update_item'       => __( 'Update Custom Taxonomy' ),
        'add_new_item'      => __( 'Add New Custom Taxonomy' ),
        'new_item_name'     => __( 'New Custom Taxonomy Name' ),
        'menu_name'         => __( 'Custom Taxonomy' ),
    );

    $args = array(
        'hierarchical'      => true, // trueであればカテゴリー型、falseであればタグ型
        'labels'            => $labels,
        'show_ui'           => true,
        'show_admin_column' => true,
        'query_var'         => true,
        'rewrite'           => array( 'slug' => 'custom-taxonomy' ), // パーマリンクのスラッグ
    );

    // カスタムタクソノミーの登録
    register_taxonomy( 'custom_taxonomy', array( 'custom_post_type' ), $args );
}

// initフックでカスタム投稿タイプの登録関数を呼び出す
add_action( 'init', 'create_custom_post_type' );

この段階で、管理画面を見てみましょう。

現段階で、Custom Post Typeというカスタム投稿タイプができており、カスタムタクソノミーが追加できるようになっていますね。

新記事を追加し、カスタムタクソノミーで新しくタクソノミーを追加することもできます。

ここまでは、こちらのページを参考にさせていただきました。
クリックして、ぜひ詳しい内容を確認してください。

初心者必見!WordPressでカスタムタクソノミーを実装する方法

カスタム投稿タイプを表示させるには

さて、入力の次はそのデータを表示させてみましょう。

必要なファイルは

カスタム投稿ですので、表示させるためには最低限、「個別の記事ページ」と「アーカイブページ」が必要でしょう。
そのために必要なファイルは

  • single-{slug}.html
  • archive-{slug}.html

となります。

この2つのファイルを、templatesのなかに入れます。

このslug名がどこから来るのか?

single-に続くスラッグ(slug)は、カスタム投稿タイプの登録時に指定したスラッグ(投稿タイプの識別子)を参照します。これは、register_post_type関数の最初の引数として渡される値です。
つまり、この部分ですね。

それぞれのファイルの中身

single-{slug}.html

<!-- wp:template-part {"slug":"header"} /-->

<!-- wp:post-title /-->

<!-- wp:post-content /-->

<!-- wp:template-part {"slug":"footer"} /-->

archive-{slug}.html

<!-- wp:template-part {"slug":"header"} /-->

<!-- wp:query {"queryId":1,"query":{"perPage":10,"pages":0,"offset":0,"postType":"custom_post_type","order":"desc","orderBy":"date"},"displayLayout":{"type":"list"},"layout":{"inherit":true}} -->
    <!-- wp:post-template -->
        <!-- wp:post-title {"isLink":true} /-->
        <!-- wp:post-excerpt /-->
    <!-- /wp:post-template -->

    <!-- wp:query-pagination -->
        <!-- wp:query-pagination-previous /-->
        <!-- wp:query-pagination-numbers /-->
        <!-- wp:query-pagination-next /-->
    <!-- /wp:query-pagination -->
<!-- /wp:query -->

<!-- wp:template-part {"slug":"footer"} /-->

このheader/footerのslugは、どこから探すのか

私のようにheader/footerをショートコードで作成している場合、このslugはあてはまりません。
それではどこから探してくるのでしょうか。

ブロックテーマで使用されるテンプレートパーツのスラッグ(slug)は、テーマ内で定義されています。テンプレートパーツのスラッグを確認し、適切なスラッグを指定するためには、以下の手順に従ってください。

テンプレートパーツのスラッグを確認する方法

  1. テーマフォルダ内を確認
    テンプレートパーツは通常、テーマフォルダ内のpartsまたはtemplate-partsディレクトリに保存されています。以下の手順で確認できます。
  • テーマフォルダ内のpartsまたはtemplate-partsディレクトリを開く:
  • テーマのディレクトリ内にpartsまたはtemplate-partsディレクトリが存在します。このディレクトリ内にテンプレートパーツのファイルが含まれています。
  • テンプレートパーツのファイル名を確認:テンプレートパーツのファイル名がスラッグに対応します。例えば、footer.htmlというファイルがあれば、スラッグはfooterになります。
  1. サイトエディターで確認
    WordPress管理画面のサイトエディターを使用して、テンプレートパーツのスラッグを確認することもできます。
  • 管理画面の「外観」 -> 「エディター」に移動
  • サイトエディターを開きます。
  • テンプレートパーツを確認:サイトエディターでテンプレートパーツを確認できます。テンプレートパーツのスラッグは、エディター内で表示されるテンプレートパーツの名前に基づきます。

あとはブロックエディターで整えていきましょう

ここからは、エディターのテンプレートから探して、ブロックエディターで整えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

WEB制作工房エルタジェール

訴求力と集客力のあるホームページ制作なら

PAGE TOP