サイトアイコン

Figmaの進化とWordPress ノーコードはどこにいくのか

Figmaの進化とWordPressのバージョンアップが興味深い。

Figmaの最新アップデートが話題になっていますが、その改善点は主にデザインの技術的側面に集中しているようです。ユーザーからは「使いやすくなった」という好意的な声も聞かれますが、全体的な進化についてはいくつかの懸念もあります。

ノーコードツールの進化過程において、個人でも協働でもデザインシステムの共有とその実装が、今後直面する重要な課題となると思います。とくに、Figmaではデザインから直接コードへの変換にも力を入れていますが、そのコードが完全にFigma内で実装できない(サーバーにアップロードできない)という点が今後の大きな課題となるでしょう。ネット上での協働作業においては、リアルタイムでのサーバー連携が求められますが、現状ではFigmaではその実現が難しいようです。その意味では、Figmaは現時点ではコーダーにとって「下書き」の役割でしかありません。

Figmaの進化とWordPress

一方で、WordPressは協働作業を容易にするためのアップデートが進められており、今後はディレクターやデザイナー、そして実装者(コーダー)が連携してプロジェクトを形にしていくことが期待されています。作業の完了と同時に、WordPressはサーバーへの完全な実装を実現する能力を持っています。ただし、WordPressが不足しているのはデザイン創出過程のシステムであり、この点については今後の改善が期待されます。特に、WordPressはPhase4の多言語化プロジェクトが終了した後、デザインの革新に注力する可能性があります。

これらのツールの進化と課題は、現代のウェブデザインおよびデジタルコラボレーションの未来にとって重要な要素となります。各ツールがどのように進化し、新たな挑戦に対応していくのか、デザイナーや開発者、プロジェクトマネージャーたちは引き続き注目していく必要があります。また、これらのツールがどのようにして市場のニーズに応え、利用者の生産性を向上させるのか、それも重要な観点です。

最後に、FigmaとWordPressの両者が共通して取り組むべき課題として、デザインと技術の融合が挙げられます。今後はデザイナーとデベロッパーの協力がさらに強化され、ユーザーがより効率的にデジタルコンテンツを生み出し、展開できる環境が整えられることが期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

WEB制作工房エルタジェール

訴求力と集客力のあるホームページ制作なら

PAGE TOP