カテゴリーページだけど WEB制作工房エル・タジェール
 

セールスライティングカテゴリー記事の一覧です

【89日目】12万字を書いた6月の振り返りと7月の目標

コーディング, スキルアップ, セールスライティング

さて7月になりましたね。
4月からはじめたコーディングの学習も4ヶ月めとなりました。
6月の振り返りと7月の目標をまとめておきましょう。

6月の振り返り

毎日のコーディングの学習時間をしっかり確保しようと工夫した結果、毎日だいたい同じパターンの生活を繰り返すようになりました。生活がパターン化してくると、日々の予定が立てやすく、予測もつきやすくなるのでオススメです。

ライティングについては、一つのクライアントさんから大量にオーダーをいただくこととなりました。
結果的に、他のクライアントさんのお仕事を断って、このクライアントさんだけで月間で12万字程度を書いた計算になります。
とてもうれしいお話ではあるのですが、ライターとしてクライアントさんが1つというのは、それはそれでリスキーでもあり、7月の改善点です。

コーディングについては、javascriptjQueryをはじめました。どちらも大切なのですが、jQueryのほうが実務的ということもあり、「jQuery標準デザイン講座」を購入し、学習を進めています。

[itemlink post_id=”4390″]

7月の目標

7月の目標をまとめておきます!

ライティング

コーディング

7月もはりきっていってみよ~

共有:

いいね:

バズ部の本すごいな:この本は何度でも読み返したい【10倍売れる Web コピーライティング】

セールスライティング, ブックス

f:id:otonakatsushika:20210511190614j:image

この本すごい。僕が今欲しがってる「ランディングページをスラスラ書ける 」というスキルにこの本はもってこいです。

こんなに具体的にコピーライティングについて説明した本は見たことがないです。

私の中で聖書のような本になりそうです。

共有:

いいね:

『SEOに強いWebライティング』第3章まとめ(16-41)

セールスライティング, ブックス

f:id:otonakatsushika:20210430071906p:plain

 

さて、第3章をまとめていきます。

16:1ページ=1キーワードで書く

17:タイトルタグとディスクリプションタグを最適化する

18:見出しタグの書き方をマスターする

19:総論→各論→結論でロジカルに書く

20:パラグラフ・ライティングをマスターする

21:パラグラフは、主題文、指示文、終結文の形で書く

22:キーワード出現率より「ユーザーに役立つかどうか」が大切

23:一文一義ルール

24:主語と述語の使い方をマスターする

25:修飾語と被修飾語の関係を明確に

26:箇条書きで右脳と左脳に理解させる

27:箇条書きの項目数は7が大切

28:数字を入れてインパクトのある文章を書く

29:普通名詞や固有名詞を入れて、説得力のある文を書く

30:「会話」や「お客様の声」を入れて臨場感を出す

31:漢字、ひらがな、カタカナの使い方

32:単調な文に変化を与える

33:ユーザーに好かれるポジティブライティングで書く

34:主観と客観を書き分ける

35:品格のある文章を書く

36:オリジナルコンテンツのための情報収集術と「著作権」のルール

37:インタビューから作るオリジナルコンテンツ

38:文章をグンと引き立てる画像活用術

39:文章をグンと引き立てる画像活用術(実践編)

40:正しい文、読みやすい文を書くための読点の使い方

41:校正するーなぜ校正が重要か

 

共有:

いいね:

『SEOに強いWebライティング』第2章まとめ(6-15)

セールスライティング, ブックス

f:id:otonakatsushika:20210430072901p:plain

 

 

06 失敗しない「キーワード選定」3つのポイント

06-1 マーケティングの3Cを理解する

自社:継続的にオリジナルコンテンツを作り続ける

市場・顧客:そのKW検索する人いる?

競合:なぜ1位か?そのKWで上位は狙えるのか?

06-2 ビッグキーワード1語ではなく、ロングテールの複合ワードを狙え

06-3 ユーザーの検索意図を考えろ ユーザーは、なにがしたいのか?

 

07 ツールを使って「キーワード」を大量に洗い出せ

Googleサジェスト

www.gskw.net

trends.google.co.jp

ads.google.com

 

08 競合サイトを調査する

08-1 競合サイトとは:1位になりたいと思っているKWにあるサイト

リスティング広告が多いか?

大手企業や有名サイトがあるか?

専門サイトがあるか?

08-2 シミラーウェブで競合を調査する 

08-3 SEOチェキ!で競合を調査する

 

 09 現在の順位を調べる

seocheki.net

broadentry.com

seopro.jp

 

10 年間スケジュールで管理する

キーワードに優先順位をつけて、「どのキーワードをどのタイミングで対策するか」を決める。

コツコツ、継続的に取り組む。

 

11 良質で有益なコンテンツを企画する

11-1 ポイントは2つ

  1. オリジナルコンテツか?
  2. お客様に役立つのか?

11-2 コンテンツ企画のチェックポイント

どんな人に来てほしいか?その人が喜ぶ/役立つコンテツを作る

 

12 アイディア勝負で新コーナーを設計する

SEO用記事のための新コーナーを検討する

どんなコンテンツを作ったら、お客様が何度も訪問したくなるか?

 

13 コンテンツの設置場所を決める

13-1 サイト内かサイト外か?

13-2 内部要素を強くする「サイト内コンテンツ」

13-3 外部要素を強くする「サイト外コンテンツ」

 

14 執筆ガイドラインをつくる

15 コンテンツ制作チームを編成する

社内か社外かはケース・バイ・ケース

 

 

 

 

共有:

いいね:

『SEOに強いWebライティング』を読む:第1章「Webライティングの基礎知識」(1-5)

セールスライティング, ブックス

f:id:otonakatsushika:20210430072901p:plain

 

今日から、「SEOに強いWebライティング」を読んでいきます。

副題に「売れる書き方の成功法則64」とありますので、ひとつづつまとめてみます。

 

 

01 Webメディアの3つの特性

①検索されてクリックされなければ存在しないのと同じ

②第一印象で、読まれるか読まれないかが決まる

③本と違って縦に読むしかない。読み進める順番(ストーリー)が大切

 

02 SEOで得られるメリット1「訪問数アップ」

 

03 SEOで得られるメリット2「広告費削減」

Webサイト公開の最初の課題は「集客」

公開初期は、SEO効果がまだ出ないので、広告による集客も効果的

しかし最近はリスティング広告は見られなくなる傾向

 

04 SEOで得られるメリット3「コンテンツは財産」

コンテンツSEOは、良質なコンテンツを継続的に作成し検索エンジンで上位表示を狙うもの

必要なのは「役立つコンテンツ」

「コンテンツ」がそのまま財産となる

良質な財産は、拡散されることで新たな集客を招き、再び拡散されていく

 

05 SEOで得られるメリット4「Webサイトの価値を高める」

良質なコンテンツがリンクを集める → たとえばYahoo!知恵袋で紹介されるなど

「リンクを増やす」と「コンテンツの充実」が大切

検索上位でブランディング効果が期待できる

 

毎日1章、まとめていきますね。

 

共有:

いいね:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。