お問い合わせ

「大吉原展」に行ってきた

レクリから来たチケットで、「大吉原展」を見てきました。

レクリは、月額2,400円で、3つの展覧会から1つ選べる、素敵なサービス。
舞台版もあります。
https://subscription.recri.jp

これまでも、「ソウルライター展」や「キュビズム美の革命」「テート美術館展」などのチケットをいただきました。

美術館は行きたいと思っていても、チケット購入が億劫だったり、買っちゃっても行かなかったりしてきたのですが、レクリにしてからは、チケットが送られてくるのが楽しみでしかたありません。

そして、今月は「大吉原展」。
場所は、東京芸術大学。
江戸の遊郭として名を馳せてきた吉原ですが、知っているようで知らないその存在。
「大吉原展」では、豊富な文献とともに吉原の様子をCGで解説してくれ、とても楽しく見てきました。

今回「大吉原展」で見たかったのは、吉原の文化はもちろんですが、色使いと墨で書く文字の流れ。
明度も彩度も高い赤を中心に、自由に様々な色を使った着物が印象的でした。

CGで観せていたところは、残念ながら撮影NGでした。外人さんが、この模型を熱心に写真に収めていました。

芸大には、上野駅から行ったのですが、同じ道を帰るのはつまらない(公園横断だし)と思い、鶯谷駅を目指しました。

途中、大きな酒屋さんやお屋敷なんかあったりして、飽きることない散歩になりました。